2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
FBS

FBSの全商品別スプレッドを紹介 | FBSのスプレッドは超狭い!

FBS(エフビーエス)のスプレッドに関する記事です。

FBSはFCバルセロナのスポンサーであり、取引条件がとても良いことから、海外では知名度が高くとても人気の海外FX業者です。

結論から申し上げると、FBSはスプレッドがとても狭く、業界最狭レベルの超が付く優良ブローカーです。

この記事では、以下について解説します。

この記事でわかること
  • FBSの全商品のスプレッド一覧
  • FBSが選ばれる理由
  • 更にできるだけスプレッドを狭くするには

スプレッドとは

スプレッドとは売値(Bid)と買値(Ask)の価格差のことをスプレッドと呼び、これは実質FX業者の手数料となります。



スプレッドはなぜ広がるのか、なぜ業者や銘柄、時間帯によって変わるのか、などについては別記事「海外FXのスプレッドを徹底比較 | 手数料の安い業者ランキング」にて詳しく説明してありますのでそちらをご覧ください。

海外FXのスプレッドを徹底比較 | 手数料の安い業者ランキング海外FXはスプレッドの広さばかりクローズアップされますが、実は狭い業者、狭い口座種類もあります。 そもそもスプレッドとは何か、なぜ広がるのか、基本から丁寧に解説し、スプレッドが狭く手数料が安いおすすめの業者も紹介します。...

FBS(エフビーエス)の口座タイプ

FBSには、全部で7種類の口座タイプがあります。

取引条件やプラットフォームなどの違いがあります。

この中で、マイクロ口座については、固定スプレッド方式をとっており、なおかつスプレッドがとても広いので、まったくおすすめしません。

また、ゼロスプレッド口座はSTPなのに手数料が取られること、ECN口座は手数料が高く、かつ取扱い銘柄が少ないことから、おすすめしていません。

その他の口座については、スプレッドがとても狭く、おすすめできます。

このあたりの詳しい内容は、別記事「FBSの口座タイプを徹底比較! 迷ったらMT4のスタンダード口座がおすすめ!」にまとめてありますので、あわせてご覧ください。

セント口座
(MT4)
マイクロ口座
(MT4)
スタンダード口座
(MT4)
ゼロスプレッド口座
(MT4)
ECN口座
(MT4)
セント口座
(MT5)
スタンダード口座
(MT5)
注文方式STPSTPSTPSTPECNSTPSTP
取引プラットフォームMT4MT4MT4MT4MT4MT5MT5
口座通貨USD,EURUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPYUSD,EURUSD,EURUSD,EUR,JPY
取引単位1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨
最小取引単位0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.1ロット0.01ロット0.01ロット
最大レバレッジ1:10001:30001:30001:30001:5001:10001:3000
マージンコール40%40%40%40%40%40%40%
ロスカットレベル20%20%20%20%20%20%20%
ゼロカット適用、追証なし
最低スプレッド1.0pips~(変動)3.0pips~(固定)0.5pips~(変動)0.0pips(固定)-0.1pips~(変動)1.0pips~(変動)3.0pips~(固定)
取引手数料無料無料無料往復$20~/ロット往復$12/ロット無料無料
最大取引ロット1000ロット/ポジション500ロット/ポジション500ロット/ポジション500ロット/ポジション500ロット/ポジション1000ロット/ポジション500ロット/ポジション
最大保有ポジション200ポジション200ポジション200ポジション200ポジション200ポジション200ポジション200ポジション
入金ボーナス×(対象外)×(対象外)×(対象外)
キャッシュバック×(対象外)×(対象外)×(対象外)
最低入金額$1$5$100$500$1000$1$5
EA利用
スキャルピング
ストップレベル0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)0.1pips(USDJPY)
トレード銘柄すべて可すべて可すべて可すべて可通貨ペアのみすべて可すべて可
FBSの口座タイプを徹底比較! 迷ったらMT4のスタンダード口座がおすすめ!FBSの口座種類は全部で8種類。それぞれの口座タイプを徹底比較し、どの口座がどういうタイプのトレーダーに向いているのか、おすすめの口座種類を紹介します。...

FBS(エフビーエス)の全スプレッド一覧

公式サイトに掲載されている全商品のスプレッドをわかりやすく一覧にまとめました。

通貨ペアのスプレッド一覧

通貨ペアのスプレッド一覧です。

口座タイプにより異なります。

セント口座、スタンダード口座

シンボル最低スプレッド平均スプレッド
AUDCAD1.05.0
AUDCHF3.07.0
AUDJPY1.03.0
AUDNZD1.06.0
AUDUSD0.60.8
CADCHF1.82.3
CADJPY1.04.0
CHFJPY1.07.0
EURAUD7.011.0
EURCAD1.06.0
EURCHF3.07.0
EURGBP1.01.5
EURJPY1.03.0
EURNZD1.07.0
EURUSD0.81.1
GBPAUD1.05.0
GBPCAD1.07.0
GBPCHF3.07.0
GBPJPY1.04.0
GBPNZD5.06.0
GBPUSD0.70.9
NZDCAD1.05.0
NZDCHF3.03.4
NZDJPY1.82.2
NZDUSD1.04.0
USDCAD1.03.0
USDCHF3.07.0
USDJPY1.02.0
CNHJPY20.024.0
EURCNH1.52.0
EURTRY4.55.5
USDBRL0.71.0
USDCNH1.01.5
USDMXN5.010.0
USDTRY5.010.0
USDZAR10.020.0

ECN口座

シンボル最低スプレッド平均スプレッド
AUDCAD1.01.3
AUDCHF0.81.2
AUDJPY0.40.5
AUDUSD0.10.3
CADCHF1.11.4
CADJPY0.70.8
CHFJPY0.60.9
EURAUD0.91.4
EURCAD0.91.2
EURCHF1.10.6
EURGBP0.30.6
EURJPY0.40.5
EURUSD-0.10.0
GBPAUD2.83.1
GBPCAD2.53.1
GBPCHF0.91.2
GBPJPY0.61.1
GBPUSD0.20.5
NZDCAD1.11.4
NZDCHF1.518.0
NZDJPY0.50.9
NZDUSD0.40.6
USDCAD0.40.6
USDCHF0.20.5
USDJPY0.10.3

マイクロ口座

前述のとおり、マイクロ口座は固定スプレッドで、なおかつとても広いのでまったくおすすめしません。
が、一応紹介しておきます。

シンボルスプレッド(固定)
AUDCAD10.0
AUDCHF10.0
AUDJPY10.0
AUDNZD12.0
AUDUSD3.0
CADCHF10.0
CADJPY10.0
CHFJPY0.0
EURAUD7.0
EURCAD12.0
EURCHF7.0
EURGBP3.0
EURJPY4.0
EURNZD12.0
EURUSD3.0
GBPAUD12.0
GBPCAD12.0
GBPCHF7.0
GBPJPY7.0
GBPNZD6.0
GBPUSD3.0
NZDCAD10.0
NZDCHF10.0
NZDJPY10.0
NZDUSD4.0
USDCAD3.0
USDCHF7.0
USDJPY3.0

メタルのスプレッド一覧

メタル(貴金属)のスプレッド一覧です。

口座タイプにより異なります。

セント口座、スタンダード口座

シンボル最低スプレッド平均スプレッド
Palladium240.0295.0
Platimnum240.0285.0
XAGUSD2.05.0
XAUUSD10.030.0

マイクロ口座

通貨ペアはスプレッドがとても広いマイクロ口座ですが、銀に関しては狭いです。

シンボルスプレッド(固定)
XAGUSD6.0
XAUUSD4.0

エネルギーのスプレッド一覧

エネルギーのスプレッド一覧です。

全口座タイプで共通です。

全口座タイプ共通

シンボル平均スプレッド
BRN2.0
WTI2.0

株価指数のスプレッド一覧

株価指数のスプレッド一覧です。

全口座タイプで共通です。

全口座タイプ共通

シンボル平均スプレッド
DAX302.0
NASDAQ25.0
S&P50025.0
YM3.0

個別株式のスプレッド一覧

個別株式のスプレッドです。

セント口座、スタンダード口座でトレードできますが、いずれの銘柄も同一スプレッドです。

セント口座、スタンダード口座

シンボル最低スプレッド平均スプレッド
全銘柄1.03.0

FBS(エフビーエス)が選ばれる理由

FBSは口座タイプを間違えなければスプレッドとても狭く、好条件でトレードできます。

FBSが選ばれる理由はスプレッドの狭さだけではありません。

国内FX業者や他の海外FXに比べ、以下のようなメリットがあるからです。

  • 最大3000倍のハイレバレッジ
  • 世界的に知名度があり安心
  • 顧客資産が完全信託保全されており極めて信頼性が高い
  • 口座開設ボーナス(100ドル)がもらえる ※終了済み
  • 入金ボーナスがもらえる
  • キャッシュバックサービスがある
  • ゼロカットシステム採用で借金を負うことがない
  • 取引ツールはMT4、MT5の両方に対応している
  • リクオート無し、約定拒否無し
  • 日本語サポートが充実。チャットサービスもある

金銭的なメリットとしては、ボーナスやキャッシュバックがあります。

これを最大限活用することで、実質的なスプレッドはもう少し狭いと考えることができます。

海外FX界隈では、ボーナスがある=スプレッドが広い、というのがいわば常識ですので、FBSはその常識をも覆す超優良ブローカーと言えます。

それ以外にも多数のメリットがありますので、海外でFBSがとても人気なのは十分納得できます。

※私の感覚ですが、海外ではXMよりも有名かもしれません。

できるだけ狭いスプレッドでトレードするには

それでもスプレッドはできるだけ狭いにこしたことはありません。

以下のような工夫、注意をすることで、より狭いスプレッドでトレードできます。

スプレッドが広がる時間帯ではトレードしない

スプレッドは、市場の取引参加者が多い、つまり流動性が高い時には狭めになる傾向があります。

また、世界で大きなニュースがあったり、重要な経済指標の発表時間前後にはスプレッドが広がる傾向があります。

できるだけ通常の、取引が活性化している時間帯を選んでトレードすることにより、スプレッドが異様に広がるのを防ぐことができます。

ボーナスを活用する

FBSでは入金額に応じて、入金ボーナスがもらえます。

最大700万円のボーナス金額は、他のブローカーを圧倒しています。

FBSの入金ボーナスは入金額に対して100%付与されますので、1万円入金すると1万円の入金ボーナスがもらえ、証拠金が2万円になります。

つまり、スプレッドが実質半分になるイメージです。

ただでさえスプレッドが狭いのに、さらに狭くなるということですね。

口座開設ボーナス、入金ボーナスをうまく活用することで、実質スプレッドを狭くすることができます。

注意点としては、ボーナスが付与されるのは、ECNを除くMT4口座のみです。気をつけてください。

キャッシュバックの活用

FBSではトレードするたびにキャシュバックがあります。

銘柄と口座タイプにより異なりますが、例えばスタンダード口座のUSDJPYだと1ロットあたり2ドル、GBPJPYだと3ドル、キャシュバックされます。

これにより、実質スプレッドもキャッシュバック分だけ狭くなると言えます。

キャシュバックも入金ボーナス同様、ECNを除くMT4口座のみ適用されます。気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FBSは元々スプレッドが狭いのですが、更に入金ボーナス、キャッシュバックボーナスを提供していますので、実質スプレッドはさらに狭くなります。

それだけでなく、顧客資産は完全信託保全ですし、海外でもとても有名で、とても優良なブローカーと言えます。

まだFBSでの口座開設を迷っている方は、デモ口座を試してみたり、リアル口座を開設し入金ボーナスをもらって超少額でトレードするなり、是非トライしてみてください。

FBSの口座開設方法を徹底解説! 数分で完了!FBSの口座開設方法を図解で解説します...
FBSのデモ口座開設方法 | 活用方法から開設手順までFBSではデモ口座を開設可能です。誰でも無料で利用できます。デモ口座を活用することで、トレードの練習や実際の取引条件の確認などが可能です。...

\3分で完了!/
無料で口座開設

 公式サイトへ 

ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。