2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
海外FX全般

クレジットカード/デビットカードの入出金 | 基本的な仕組みについて

海外FXでは、口座への入金や出金にクレジットカードやデビットカードを使うのはごく一般的な手段です。

どの海外FX業者でも、クレジットカード・デビットカードでの入出金には100%対応しています。

そもそも日本は未だに現金主義ですので、ましてや海外FX口座への入金にクレジットカードやデビットカードを使うなんて、怪しくない?、詐欺にあわないの?、大丈夫?、と思っている人も多いと思います。

この記事では、海外FXにおけるクレジットカード・デビットカード入出金の基本的な仕組みや、メリット・デメリット、利用に際しての注意点など、丁寧に解説していきます。

また、各海外FX業者が対応しているカードブランドの一覧も掲載しています。
ぜひ活用してください。

クレジットカード・デビットカードでの入出金とは

まず、クレジットカードやデビットカードを使って入金、出金するとはどういうことなのか、基本的な仕組みについて説明します。

入金について

クレジットカードやデビットカードを使って入金するというのは、いわゆるショッピング枠を使用します。

勘違いしやすいのですが、キャッシング枠ではありません。
ですので、借り入れ利息が発生することはありません

ショッピングですので、ショッピング枠の利用の範囲内で、商品をカードで決済して購入するのと同じです。

クレジットカードとデビットカードにより、引き落としの違いがあります。

クレジットカードは、ある一定期間の利用額を集計し、翌月か翌々月の決まった引き落とし日にまとめて請求されます。

デビットカードは、カードが紐付いている銀行口座から、利用の都度引き落とされます。即時払いです。

このような違いがありますが、共通しているのは「ショッピング」と同じ取扱いということです。

実際に手元に届く「商品」が無いのにショッピング利用とは、ちょっと違和感がありますが、キャッシングではないということを覚えておきましょう。

出金について

では出金はどうかというと、購入した商品のキャンセル、という扱いになります。

どの海外FXも、出金額の上限が入金額までとなっているのはこのためです。

たとえば、クレジットカードやデビットカードで10万円入金した場合、10万円までしか出金できません。

これは、10万円出金の申請をすると、先に入金のあった10万円の「ショッピング利用」が、取り消し(キャンセル)されるからです。

もし、出金が3万円だけの場合、10万円のショピング利用のうち、3万円分のみをキャンセルします。

キャンセルした分は、クレジットカードとでデビットカードでは取扱いが少し異なります。

クレジットカードの場合は、利用残高から相殺されます。

既に締め処理が終わっていて、入金した月の翌月以降になっても大丈夫です。

その時の他の利用分から差し引かれるか、もし利用額よりも出金額の方が多い場合には、相殺できない分は銀行の引き落とし口座に入金されます。

デビットカードの場合も、ショッピングのキャンセルには変わりないのですが、出金額は即時銀行口座に入金されます。

クレジットカードと違い、入金時には銀行口座から即時引き落としされますので、出金時にも、返金という形で即時入金されます。

怪しくない? 詐欺に合わない?

何となく、クレジットカードで海外のFX業者に送金、となると、ちょっと怪しい雰囲気があります。

ましてや、カード情報が盗まれたりしないかとか、カード情報が転用されて詐欺に合わないかとか。

ですが、カードが使えるということは、VISAやJCBから加盟店として認定を受けているということで、きちんと審査を受けていますから、まずは最低限の信頼性はクリアしていると言えます。

カード情報が盗まれたり転用されたりしないか、ですが、可能性はゼロではありませんので、別記事「海外FXの選び方」で説明したとおり、できるだけ信頼できる業者を選ぶしかないです。

ちなみに、一発で詐欺業者だと判断できる方法があります。

それは、入出金方法が仮想通貨のみの業者。

これは絶対怪しいです。近寄らないでください。
ビットコイン等の送金は、絶対に足が付きませんので。

海外ではクレジットカード入出金はごく普通

私は海外に住んでいますので、私の周りの外国人や、Twitterでつながっている人に聞いてみたりしました。

彼らが口を揃えていうには、

  • クレジットカード入金は単なる一手段
  • 安く、早く入金できるならそれにこしたことはない
  • 出金に制約があるのは知っているが、元から儲けるつもりでいるので気にしない。入金額以上の出金はどうせ銀行送金になる
  • 入金したのに届かないのであれば、VISAを訴えればいい

ということでした。

海外ではクレジットカード利用は、現金利用以上に普通のことですので、そもそもあまり抵抗が無いのでしょう。

海外FX口座でクレジットカードを使うメリット、デメリット

これまでの説明でだいたいおわかりと思いますが、以下のように整理できます。

  • 着金が早い
  • 手数料がかからないケースがほとんど
  • 出金額の上限が入金額まで
  • 入金から時間が経ちすぎると出金できないケースがある

デメリットの2点目ですが、これはカード会社によります。

クレジットカード、デビットカードの出金は、商品購入のキャンセル(取り消し)という形をとりますが、例えば半年とか1年とか、あまりにも期間が開いてしまうと、カード会社のルールによりキャンセルできないことがあります。

どれぐらい期間が開いていると出金できなくなるか、カード会社の判断によりますし、その都度判断されますので、問い合わせても教えてくれないでしょう。

海外FX口座でクレジットカード、デビットカードを使う際の注意点

以下が注意点になります。

  • 本人名義のカードしか使えない
  • カード名義が海外FX口座の名義と一致していないといけない
  • 出金額の上限は入金額まで
  • 出金は入金時と同一カードのみ
  • クレジットカードの場合は出金(返金)に時間がかかるケースがある(締め日の都合で)
  • クレジットカードの場合は出金しても手元の現金が増えるわけではない

本人名義のカードしか使えない

家族や他人のカードを使っての入金はできません。
必ず本人名義のカードを使ってください。

カード名義が海外FX口座の名義と一致していないといけない

本人名義のカードであれば大丈夫と思いますが、カード名義は海外FX口座の名義と一致している必要があります。

海外FX口座開設時、本人確認書類はすべて日本語のものでOKですが、本人確認書類にパスポートなど、ローマ字が記載されているものを使用しない限りは、ご自身で入力したローマ字氏名が正しいかどうかは特にチェックされていません。

ご自身で入力したローマ字氏名がカード記載のものと異なっていた場合には、入出金できない可能性があります。

もし違っている場合、サポートに問い合わせてください。

出金は入金時と同一カードのみ

出金は入金時と同一カードのみ、です。
特に違うカードを使って複数回入金した場合は注意が必要です。

1回目はVISAで3万円、2回目はJCBで5万円入金した場合、最初の3万円までの出金はVISA、次の5万円の出金はJCBになります。
VISAやJCBにまとめて8万円の出金はできません。

クレジットカードの場合は出金(返金)に時間がかかるケースがある

クレジットカードには締め日があります。

例えば、毎月15日締め、翌10日が引き落としの場合、15日の締め日直後に出金処理をすると、それが反映されるのは翌々月の10日となります。

クレジットカードの場合は出金しても手元の現金が増えるわけではない

クレジットカードの場合には、出金処理時点の他の利用残高から差し引かれますので、手元の現金が増えるわけではありません。

現金が必要な場合は最初から銀行送金などの手段にする必要があります。

なお、デビットカードの場合には出金すると引き落とし銀行口座に即時返金されますので、現金が増えます。

各海外FX業者の対応カードブランド一覧

以下が主要な海外FX業者の対応カードブランドです。

注意点として、取扱いブランドが変わることがあります
また、同じ業者でもお住いの国により、対応ブランドが違ったりします。

最新情報は各海外FXの公式サイトで確認してください。

もう1点、これは別記事でもまとめていますが、日本国内の銀行入金に対応しているFX業者であれば、まず国内銀行入金を使うことを検討してください。

手数料無料、かつ出金に制約を受けません。

銀行営業時間帯(平日の9時~15時)しか着金しないなどのデメリットもありますが、それほど大急ぎの入金が必要でないなら、国内銀行で良いと思います。

以下の表に、対応カードブランドに加え、国内銀行対応有無を併記します。
参考にしてください。

海外FX国内銀行
対応
VISAMasterJCBAMEXDinersDiscover
XM
FXGT
FBS
GEMFOREX
HotForex
TitanFX
LAND-FX
Axiory
Tradeview
iFOREX
TMGM

各海外FX業者ごとの具体的な入出金手段、おすすめの入金方法についてはそれぞれの業者ごとに別記事にまとめています。

あわせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか。

海外FXでは主要な入出金手段であるクレジットカード、デビットカードによる入出金ですが、そもそも儲ける前提であれば出金額の制約なんて気にならないという考え、また、口座開設後最も早くトレードを開始できる手段であることを考えると、ものすごく大きな額でなければ十分利用価値のある入金手段だということがおわかりいただけたと思います。

これからトレードを始める方は、ひとつの手段として検討してみてください。

最後に、FXトレードは、借金してまで行うものではありません

クレジットカードを活用すると、手元に現金が無い状態でも入金できてしまいますが、トレードはあくまでもご自身の余剰資金で行うことを強くおすすめします。

ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
関連記事