2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
HotForex

HotForexのコピートレード | ほったらかしで爆益?!



HotForex(ホット・フォレックス)では、コピートレードサービス「HFコピー」を提供しています。

HotForexの審査をクリアした「ストラテジー・プロバイダー」と呼ばれるトレーダーたちが、トレードシグナルを配信します。

みなさんはHFコピー専用の口座を作成し、気に入ったストラテジー・プロバイダーをフォローするだけ。
ストラテジー・プロバイダーのトレードをコピーし、みなさんのMT4/MT5が自動で同じようにトレードを行います。

優秀なストラテジー・プロバイダーをフォローすれば、ほったらかしで勝手に資金が増えていくかもしれません。

この記事では、HotForexのコピートレードの詳細と始め方について解説していきます。

この記事でわかること
  • HotForexのコピートレード「HFコピー」とは
  • コピートレードとEA(自動売買)の違い
  • HFコピーの特徴
  • HFコピーの始め方
  • 良いストラテジー・プロバイダーの選び方

コピートレードとは

コピートレードとは、プロトレーダーや上級トレーダーが実際にトレードするのと同じ内容をコピーして自動でトレードすることです。

ミラートレード、ソーシャルトレードとも呼ばれることがあります。

優秀な配信者を見つけることができれば、資金運用をその人に任せて、後はほったらかしで利益を獲得することも不可能ではありません。

そっくりそのままとは言え、資金量やその他の設定により、発注ロット数を調整することもできます。これにより、少ない資金量でコピートレードできたり、よりリスクを抑えたりすることができます。

コピートレードはこんな方に最適

コピートレードは以下のような方におすすめできます。

コピートレードはこんな方におすすめ!
  • 裁量トレードに自信が無い
  • 最近負け続けている
  • 忙しくてトレードする時間がない
  • 上級トレーダー、プロトレーダーの手法を実践で学びたい
  • 楽して儲けたい

特に最初のうちは、テクニカル分析などができず、エントリーのタイミングすらわからないと思います。

成績の良い配信者を見つけることで、利益を獲得できる可能性を高めるだけでなく、そのような上級トレーダーの実際のトレードから学ぶことで自身のトレードスキルを高めることができます。

なお大前提ですが、コピートレードしたとしても絶対に勝つとは限りません。
フォローした人がトレードでミスをすれば損失を出すこともあります。
たとえ損失が出たとしても誰も補償してくれません。
あくまでも自己責任であることは理解する必要があります。

コピートレードとEA(自動売買)の違い

コピートレードとEA(自動売買)は何となく似ていますが、主には以下のような違いがあります。

評価項目HFコピートレードEA(自動売買)
初期費用不要
(無料)
必要
(EAを購入)
利用料必要不要
動作環境不要
(MT4があればOK)
24時間稼働するPC、
もしくはVPSが必要
ツールのインストール不要必要
(専門知識が必要)
配信者の審査あり無し
配信者も実際にトレードしているかしているしていない
(わからない)

HotForexのコピートレードは、ツールの購入や難しい設定、専用の環境の準備などは特に必要ありません。

HotForexのコピートレードの場合、獲得できた利益額に応じて、後払いで報酬を支払う必要があります。
報酬の設定は配信者により異なりますが、獲得利益の20~30%であることが多いです。

EA(自動売買)ツールの場合、まず優秀なツールを見つける必要があります。
多くは、MQLフォーラムでMT4やMT5に対応したEA(自動売買)ツールを入手することができます。

優秀なEA(自動売買)ツールはまず有料だと考えた方がいいです。よく、EA(自動売買)ツールを無料で配布しているのをネットやTwitterなどで見かけますが、それらは特定の海外FX業者を利用することが前提になってきます。特定の海外FX業者に口座開設させることで海外FX業者から紹介料を得ています。

またEA(自動売買)ツールの場合には、専用の環境が必要です。

24時間可能なPC、もしくはVPSと呼ばれる仮想サーバーサービスを契約し、そこでMT4やMT5を24時間稼働させておく必要があります。EA(自動売買)ツールはそのMT4、MT5の中にインストールしますが、専門知識が必要です。

このように、コピートレードとEA(自動売買)ツールは似ているものの、費用面や運用に際しては実は大きな違いがあります。

個人的には、一番の大きな違いは「配信者も実際のトレードをしているかどうか」だと思っています。

HotForexのコピートレードの場合、配信者も自分のリアル口座でトレードしています。

当然、自分の資金でトレードしてますので、必死です。マイナスにならないように、当然努力しています。その必死のトレードを、コピーさせてもらうのが、HotForexのコピートレードです。

EA(自動売買)の場合、そのツールを作った本人(作成者)が同じようにこのツールを使ってトレードしているかどうかは、わかりません。もしかしたらEA(自動売買)ツールの販売代金を得ることが目的で、本当に利益を出すかどうかはどうでもいいと思っているかもしれません。実際、そのような悪質なEA(自動売買)ツールが存在するのも事実です。EA(自動売買)の場合は、本当に優秀なツールを見つけることが、最初の、かつ最大の重要な点となります。

個人的には、初心者の方にはコピートレードの方が始めやすいのではないかと思います。

HFコピートレードとは

HotForexのコピートレード、公式サイト

HotForexはHFコピーというコピートレードサービスを提供しています。

配信者はストラテジー・プロバイダー(戦略プロバイダー)と呼ばれ、いずれもHotForexの審査をクリアしたトレーダーです。

HotForexには2021年7月現在、600名以上のストラテジー・プロバイダーがいます。

これらのストラテジー・プロバイダーをフォローすることにより、そのトレーダーが行うトレードをコピーし、トレードすることができます。

HotForexでコピートレードをするには、通常のトレード口座とは別に、コピートレード専用の口座を開設する必要があります。コピートレード専用口座を、フォロワー口座と呼びます。

用語説明
ストラテジー・プロバイダートレードの配信者
フォロワー皆さんのこと
フォローするストラテジー・プロバイダーのトレードをコピーすること
マイフォロワー口座HotForexのコピートレード専用口座
HotForexコピートレードの用語説明

HFコピートレードの特徴

HotForexのコピートレードは以下の特徴があります。

HFコピートレードは透明性の高いMAM形式

コピートレードにはMAM(マム)方式とPAMM(パム)方式の2種類があります。

HotForexのコピートレードは透明性の高いMAM方式です。

MAM方式とPAMM方式には、具体的には以下のような違いがあります。

取引履歴が閲覧できるというのは、要はコピーしているだけで自分で裁量トレードするのと同じことをやっているので、MT4で見た時にきちんと自分のトレード履歴として見ることができる、ということです。
PAMMではトレード履歴は見えません。

HotForexではPAMMも提供しています。どちらが良いというわけではなく、似ているようで大きく異なっている、ということです。

MAMはコピートレードですが、PAMMはファンドマネージャと呼ばれる資金管理者にあなたの資金を預け、運用してもらうイメージです。

MAM方式
(HFコピートレード)
PAMM方式
自動発注できる
自動決済
取引履歴の閲覧×
緊急時の自分での決済×

ストラテジー・プロバイダーの成績が詳細に公開されている

HotForexではストラテジー・プロバイダーの成績が詳細に公開されています。

利益が出ているかどうか、だけでなく、過去の含み損の最大値(ドローダウン)や、残高の推移、過去の入出金の状況などを事細かに見ることができます。これらの成績を評価し、良さそうなストラテジー・プロバイダーをフォローすることができます。

ストラテジー・プロバイダーの各成績の見方や具体的な選び方については後ほど詳しく説明します。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのパフォーマンス

コピートレード専用口座でトレード

HotForexでコピートレードを利用するには「マイフォロワー口座」という専用の口座を作成する必要があります。

通常のトレード口座を流用することはできません。
逆に言うと、自分の裁量トレードの口座と分けることにより、コピートレードのパフォーマンスを正確に把握することができます。

ストラテジー・プロバイダーのフォロー、フォロー解除はいつでも可能

ストラテジー・プロバイダーのフォローもフォロー解除も好きな時にできます。

フォロー後、期待していたようなパフォーマンスが見られない場合には、すぐに解除できます。
契約期間などはありませんので、違約金が発生することもありません。フォローした当日に解除しても問題ありません。

初期費用が不要

HotForexのコピートレードには初期費用は一切かかりません。

EA(自動売買)のようにツールを購入する必要はありませんし、利用開始に際して何か費用を支払う必要もありません。

難しいツールのインストールは不要

HotForexのコピートレードは、MT4さえあれば開始できます。

EA(自動売買)のように、後から何かツールを追加でインストールしたり、難しい設定をする必要もありません。

VPSや専用サーバーなどの環境準備が不要

EA(自動売買)の場合は、メタトレーダーに追加インストールしたEAツールを常に稼働させておく必要があります。

家庭のPCを24時間稼働させておくのは難しいため、通常はEAツールを使う場合にはVPSと呼ばれる専用の仮想サーバー環境を構築します。これには月額費用がかかりますし、環境構築やリモートデスクトップ接続のための専門知識も必要です。

HotForexのコピートレードは専門の環境を必要としませんので、専門知識も要りませんし、環境構築も不要です。

HFコピートレードの基本的なルール

HotForexのコピートレードを開始するにあたり、知っておくべき基本的なルールについて説明します。

マイフォロワー口座はひとり3口座まで作成可能

マイフォロワー口座は全部で3口座まで開設可能です。

マイフォロワー口座1つあたり、ひとりのストラテジー・プロバイダーをフォローできます。
つまり、同時に3人のストラテジー・プロバイダーをフォローできる、ということです。

HotForexでは追加口座が最大7口座まで作成できますが、コピートレード用のマイフォロワー口座はこれとは別に3口座まで作成できます。

口座スペックは固定

マイフォロワー口座の口座スペックは固定です。

レバレッジも1:400の固定となっており、変更することはできません。

マイフォロワー口座のスペック

レバレッジ:400倍
最低初回入金額:100 USD
2回目以降の最低入金額:50 USD
ロスカットレベル:20%
マージン・コール:50%
口座通貨:USDのみ

取引ツールはMT4のみ

取引ツールはMT4のみです。
これまでHotForexでMT5口座のみを利用されていた方は、MT4のインストールが必要です。

ボーナスの適用無し

マイフォロワー口座に入金しても、入金ボーナスの適用はありません。

利益が出た場合のみ手数料を支払う

これはとても重要な点です。

ストラテジー・プロバイダーへの手数料の支払いは、獲得できた利益額に対して規定の割合(%)分の報酬を支払います。

逆に、利益が出ずにマイナスだった場合は手数料を支払う必要はありません

手数料の支払いは隔週土曜日に行われますが、この2週間の損益の合計で、手数料は計算されます。
ある日に利益が出て、また別の日に損失が出た場合、それらを合算したトータルの利益にて手数料が計算されます。トータルがマイナスの場合には手数料は不要です。

手数料はストラテジー・プロバイダーにより異なりますが、だいたい20~30%であることが多いです。

最低入金額は100ドル

マイフォロワー口座への最低入金額は100ドルです。
2回目以降の最低入金額は50ドルとなっています。

最小開始金額はストラテジー・プロバイダーにより異なる

ストラテジー・プロバイダーごとに、開始できる最小金額が決められています。

これはストラテジー・プロバイダーが採用している戦略によるものです。ですが、多くのストラテジー・プロバイダーで最低の開始金額は100ドルになっており、それほど多くの資金は要求されません。

ストラテジープロバイダーのフォロワー上限は400人

当然ですが、成績の良い優秀なストラテジー・プロバイダーは人気があります。

HotForexでは、サーバーへの負荷集中を避けるため、ストラテジー・プロバイダーの最大フォロワー数の上限を400名としています。

画像は、HotForexで大変人気のあるストラテジー・プロバイダーのHallyさんですが、既にフォロワーが400名に達しており、これ以上彼をフォローすることはできません。

この方は、トレードの配信後既に1年半程度経過していますが、通算の利益率が18135%と驚異の数値を叩き出しています。人気があるのも頷けますね。

このような優秀なストラテジー・プロバイダーを見つけることができれば、勝手に資産を増やしてくれるでしょう。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのフォロワー上限は400人

HotForexのコピートレードの仕組み

HotForexのコピートレードは、フォローしたストラテジー・プロバイダーが行う実際のトレードをそっくりコピーすることでトレードを行う仕組みです。

対象とする通貨ペア、エントリーやクローズのタイミングは、ストラテジー・プロバイダーと全く同じになりますが、トレードするロット数については、資金量の違いを考慮し自動的に計算してくれます。

トレードするロット数は以下の計算式で算出されます。

あなたの資金量 ÷ ストラテジー・プロバイダーの資金量 × 取引量配分率 = ロット数

取引量配分率は、ストラテジー・プロバイダーをフォローする際に設置するパラメーターです。
20%~100%の範囲で設定できます。

100%にすれば自動計算どおりのロット数。
50%を指定した場合には、自動計算結果のさらに半分のロット数でトレードします。

HotForexのコピートレード、仕組み

図にある例を説明します。

例えば資金量が以下だったとします。

トレーダー資金量取引量配分
ストラテジー・プロバイダー5,000ドル
フォロワーA400ドル100%
フォロワーB400ドル50%
フォロワーC10,000ドル100%

つまり、フォロワーAとフォロワーBは、ストラテジー・プロバイダーの資金量の8%の資金量、フォロワーCは200%(2倍)の資金量です。

更にフォロワーBは、リスクを抑えるために取引量配分率を50%に設定しています。

この設定の時、ストラテジー・プロバイダーが1.0ロット発注した場合、各フォロワーの発注量は以下のようになります。

トレーダー計算式発注
ストラテジー・プロバイダー1.0 ロット
フォロワーA400 ÷ 5,000 × 100%0.08 ロット
フォロワーB400 ÷ 5,000 × 50%0.04 ロット
フォロワーC10,000 ÷ 5,000 × 100%2.0 ロット

つまり、資金量を少なくすれば自動的に少ないロットで、
逆に資金量を多くすれば自動的に多いロットでトレードしてくれます。
更に、取引量配分のパラメータで調整することができる、ということです。

ストラテジープロバイダーは0.01ロットなどの小ロットでトレードする人が多いので、もっと一気に利益追求したい方は多めの資金を入れると良いかもしれません。


なお、HotForexにおける最低発注ロット数は0.01ロットですが、上記の計算結果が仮に0.01ロット未満になった場合は注文が行われません。

ですが、フォロー時のパラメーターにより、仮に0.01ロット未満になったとしても切り上げて0.01ロットの発注を行うようにできます。

これらのパラメータの設定内容、おすすめの設定については詳しくは後述します。



良いストラテジープロバイダーの選び方

ここからは、良いストラテジー・プロバイダーの選び方を、私なりの視点で解説します。

HotForexのストラテジー・プロバイダーは700名以上います。

全員のストラテジー・プロバイダーの成績や資金状況の推移などが公開されており、成績の良さそうなストラテジー・プロバイダーを探すことができます。

私は、以下が良いストラテジー・プロバイダーを選ぶポイントだと考えています。

  • 最低でも3ヶ月以上の実績がある
  • 直近、プラスの利益率を維持している
  • 最大ドローダウンが小さい
  • 極端に大きなロット数をトレードしていない
  • 一定の資金量を維持している

具体的に、画面を見ながら説明します。

ストラテジー・プロバイダーリスト

まずこのリストを見ながら、ある程度候補となりそうなストラテジー・プロバイダーを探しましょう。

ストラテジー・プロバイダーのリストには、名前、トータルの利益率、最大ドローダウン、フォロワー数、安定度、活動日数が表示されています。

それぞれの列タイトルをクリックすると並べ替えができます。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーを並び替え

フィルターを表示をクリックすると、絞り込み検索を行えます。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーリストを絞り込み

パフォーマンス

ストラテジー・プロバイダーリストから、気になるストラテジー・プロバイダーの「プロファイルを見る」をクリックすると、各ストラテジー・プロバイダーの成績を見ることができます。

最初に表示されるのがパフォーマンスのグラフです。

画像はあるストラテジー・プロバイダーの過去1年半程度のパフォーマンスです。

グラフに加え、月ごとの月間利益率もわかります。
この方は安定して利益を積み重ねていますが、2020年の7~8月には月間でマイナスのパフォーマンスになっているのがわかります。ですが、年間トータルで見ればプラスですので、長期的に使うのであればとても良いパフォーマンスのトレーダーと言えます。

なお、グラフ中にある三角のマークは、入金と出金の記録です。三角をマウスオーバーすると、いつ、いくら入金/出金したのかがわかります。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのパフォーマンス

エクイティ対残高

ストラテジー・プロバイダーの資金残高状況がわかります。

ここでのポイントは、適切な残高管理がされているか、です。

画像のストラテジー・プロバイダーは、ここ最近は常に1000ドル程度の証拠金残高になるようにコントロールしているのがわかります。そのため、利益が出た分はこまめに出金しています。

このように、一定量の証拠金残高になるようにコントロールしているということは、前述のコピートレードの取引ロット数も一定になるということです。

この方は、利益が出たら福利式でどんどん取引ロット数を増やしていくようなギャンブルトレーダーではないのがわかります。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのエクイティ対残高

財務統計

過去のパフォーマンスの合計数値です。

このストラテジー・プロバイダーは、合計入金額1134ドル(約12万円)に対し、総獲得利益が9846ドル(108万円)となっています。かなり良い成績ですね。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーの財務統計

取引

取引の詳細です。

左側の円グラフでは、トレードする銘柄がわかります。

ボンドドル(GBPUSD)の取引回数が最も多いものの、他の通貨ペアや金(ゴールド)のトレードも行っているのがわかります。ある程度幅広いマーケットの知識があるトレーダーだということがわかります。

また右側の数値では、取引の平均数値がわかります。

平均取引ロットを見ると0.1ロットとなっており、大ロットはトレードせず、リスクを抑えつつコツコツと利益を積み重ねるトレーダーだということがよくわかります。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーの取引

取引活動

直近のトレードの詳細がわかります。

この方は、極端なスキャルピングは行わず、デイトレード~スイングトレードを行っているのがわかります。

一番上の例だと、土日を挟んでいますが、5日後にポジションをクローズし、5ドルの利益を得ています。恐らく、事前の分析を踏まえ、狙っている値動きになると予測したところで、かつストップロスやテイクプロフィットの設定を行いつつエントリーしているのだと思います。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーの取引活動

このように、各ストラテジー・プロバイダーの成績や資金管理状況、直近のトレードの記録などを見ると、そのストラテジー・プロバイダーがどういうトレードスタイルなのかがよくわかります。

ご自身の評価基準と照らし合わせ、良いトレーダーを見つけましょう。



HotForexでのコピートレードの始め方

さて、では実際にコピートレードを始めてみましょう!

ここからは具体的にHotForexのコピートレードを始める手順を説明します。

大まかな流れは以下のとおりです。

コピートレードを始める流れ
  1. HotForexに口座開設、本人確認まで完了させる
  2. お財布口座に入金しておく
  3. コピートレード用の口座を作成
  4. ストラテジープロバイダーを選ぶ
  5. コピートレードの開始設定

HotForexに口座開設、本人確認まで完了させる

まず、HotForexに口座開設し、本人確認まで完了させます。

口座開設がまだの方は、別記事「HotForexの口座開設方法を徹底解説! 数分で完了!」を見ながら口座開設してください。本人確認書類のアップロード方法なども詳しく説明しています。

下の「無料で口座開設」ボタンをクリックすると別タブでHotForexの公式サイトが開かれます。
口座開設手順を見ながら、口座開設してください。

HotForexの口座開設方法を徹底解説! 数分で完了! 注意点も!HotForexの口座開設方法を図解で解説します...

\3分で完了!/
無料で口座開設

おおまかな口座開設手順は以下のとおりです。

トップページからライブ口座開設をクリック

HotForexの公式サイトから、ライブ口座開設をクリック

HotForexトップ画面からライブ口座開設

基本情報の入力

基本情報を入力~メールが届くので口座を有効化

HotForex基本情報の入力

myHFにログインし、個人情報等を入力

myHF(myHotForexポータル)へのログイン情報が書かれてあるメールが届くので、でログインし、個人情報等を入力していきます。

HotForex、myFHへのログイン
HotForex個人情報の入力
HotForex基準通貨
HotForex投資家情報

本人確認書類のアップロード

画面の手順に従い、アップロードしてください。

HotForex本人確認書類アップロード
HotForex住所証明書類アップロード

お財布口座に入金しておく

コピートレードを行う口座に入金するための資金を、あらかじめお財布口座に入金しておきます。

最低入金額は100ドルですが、この後説明する、フォローするストラテジー・プロバイダーが定義する最低開始金額を上回る額を入金してください。

入金方法は、通常の口座と同じく、以下の流れになります。
但し、②のマイフォロワー口座への資金移動は、コピートレードの開始設定時に指定した金額が自動的に移動されます。なので、コピートレード開始前に事前に入金を済ませておく必要があります。詳しくは後述します。

  1. お好きな入金方法でお財布口座(myWallet)に入金
  2. お財布口座からマイフォロワー口座に資金移動

HotForexの入金手順については、別記事「HotForexの入金方法」でていねいに解説しています。この記事を見ながら入金してください。

HotForexの入金方法 | おすすめは?HotFrex(ホットフォレックス)の入金方法を徹底解説。手数料の安さ、入金のしやすさから、おすすめの入金方法をお知らせします。...

コピートレード用の口座を作成

HotForexの会員ページ「myHF」にログインし、HFコピーメニュから「フォロワー口座開設」を選択します。

もしくは、myHFエリアの下の方にあるHFコピーエリアのフォロワー口座開設からでも作成可能です。

HotForexのコピートレード、フォロワー口座の作成

適正テストへの回答

HotForexのコピートレードを始めるには、適性テストをクリアする必要があります。

画面の内容に回答後、回答提出をクリックします。問題が無ければマイフォロワー口座の作成に進めます。

なお、もし適正テストのページに遷移した際に英語で表示された場合は、右上の言語設定で日本語に変更可能です。

HotForexのコピートレード、適性テスト

フォロワー口座の開設

フォロワー口座を開設します。

前述のとおり、レバレッジは1:400固定、またその他の口座スペックを指定することはできません。

口座開設すると、MT4のログイン情報が表示されますので、口座IDやパスワード、接続サーバー名を忘れないようにしてください。なお、同じ内容のメールも届いています。確認してください。

HotForexのコピートレード、新規フォロワー口座開設
HotForexのコピートレード、口座開設完了

ストラテジー・プロバイダーをフォローする

早速ストラテジー・プロバイダーをフォローしてみましょう。

myHFエリアから、HFコピー→マイフォロワー口座とたどり、マイフォロワー口座の一覧を表示させます。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのフォロー

作成したマイフォロワー口座の「ストラテジーをフォロー」をクリックします。

HotForexのコピートレード、マイフォロワー口座一覧

ストラテジー・プロバイダーの一覧が表示されますので、成績の良さそうなトレーダーを選び、フォローをクリックします。

前述のストラテジー・プロバイダーの成績の見方、選び方を参考に、この人なら!と思えるトレーダーをフォローしましょう!

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーリスト

コピートレードの開始設定

選択したストラテジー・プロバイダーをフォローすることで、コピートレードが開始されます。

この画面では、コピートレードの各種パラメーター(設定)を指定できます。

それぞれの項目について説明します。

HotForexのコピートレード、ストラテジー・プロバイダーのフォロー画面

フォロワー口座選択:

作成したマイフォロワー口座のうち、どの口座でフォローするか指定できます。
マイフォロワー口座は最大3口座まで作成可能です。

ストラテジーへの追加金額(USD):

初期投入資金量を指定します。

ここでは、ストラテジー・プロバイダーが指定する最低金額の100ドルを指定してみました。

ここで指定した金額が、お財布口座から自動的にマイフォロワー口座に移動します。事前に入金を済ませておいてください。

取引量配分率選択:

ストラテジー・プロバイダーのトレードをコピーする際、そっくりそのままコピーするのか(100%)、取引ロット数を少し減らしてトレードするのか、設定することができます。

配分率は20%~100%の範囲で選択可能です。

前述のとおり、HotForexのコピートレードは、ストラテジー・プロバイダーと皆さんの資金量の違いを自動計算し、資金量が少ない場合にはそれに合わせた取引ロット数でトレードしてくれます。

ここで更に配分率を設定することで、更にロット数を落としてトレードすることが可能です。

例えば、配分率を20%とすると、通常(100%の場合)は1.0ロット発注するところ、0.2ロットの発注となります。

レスキューレベル選択:

これはロスカットレベルに似ています。0~40%の範囲で選択可能です。

証拠金維持率がここで指定した割合(%)に達すると、自動的にポジションがクローズされ、さらにマイフォロワー口座に残った資金が自動的にお財布口座に資金移動されます。

つまり、危なくなった場合に自動でポジションをクローズするだけでなく、次に自動発注されないように口座の残高をすべて移してゼロにし、発注されないように保護する仕組みです。

安心ですね。

最低コピー取引量0.01:

HotForexでは最低発注量は0.01ロットとなっています。ストラテジー・プロバイダーと皆さんの資金量の差、また前述の取引量配分率により計算されたコピートレードの発注量が仮に0.01を下回っている場合、基本は発注されません。

ですが、このパラメーターを「はい」にした場合、0.01ロットを下回る発注量の場合は自動的に0.01ロットに切り上げてトレードできます。

おすすめのパラメーター(設定)

ストラテジー・プロバイダーのトレードをどのようにコピーしたいかにより、以下のようなパラメーターの設定をおすすめします。

このように、資金量と各パラメータをコントロールすることで、かなりリスクを下げたり、また一気に利益を上げたりすることができます。

どのようにコピーしたいかストラテジーの追加金額取引量配分率レスキューレベル最低コピー取引量0.01
ストラテジー・プロバイダーの成績通りの結果を期待したいストラテジー・プロバイダーの資金量と同額程度
(例:1,000ドル)
100%10%はい
資金量は少なめにするものの、同様の勝率を期待したいストラテジー・プロバイダーの資金量より少なめ
(例:半分程度にする)
100%10%はい
同程度の資金は用意するものの、最初はパフォーマンスを確認したいストラテジー・プロバイダーの資金量と同額程度
(例:1,000ドル)
50%30%はい
通常は同資金量でコピーしているが、経済指標発表前なのでリスクを下げたいストラテジー・プロバイダーの資金量と同額程度
(例:1,000ドル)
20%40%はい
資金量はある。一気に利益を上げたい。但しある程度リスクヘッジする。ストラテジー・プロバイダーの資金量の数倍
(例:10,000ドル)
100%30%はい

以上のパラメーターを設定し、「Start Following」をクリックすると、コピートレードが開始されます。

HotForexのコピートレードまとめ

HotForexのコピートレードは、ストラテジー・プロバイダーの成績の開示、コピーのパラメータの設定など、よりリスクを抑えた運用が可能となっています。

FXを始めたばかりで裁量トレードに自信の無い方、ほったらかしで利益をあげたい方は、とりあえず少額の資金で試してみてはいかがでしょうか。

\3分で完了!/
無料で口座開設

公式サイトでコピートレードについて調べる



ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。