2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
HotForex

海外では超有名かつ高評価! HotForexの特徴や評判、ボーナスなどについて解説



HotForex(ホットフォレックス)の紹介です。

海外ではとても有名で、かつ評価が高いです。

多くの国の金融当局の認可を受けており、安心して利用できる業者と言えます。

ちなみに私もタイで口座を持っていますが、サポートの人とLINE交換したりして、最初の頃かなり親切にサポートしてもらい、とても良い印象を持っています。

 公式サイトへ 

HotForexはこんなトレーダーにおすすめ

結論から言うと、HotForexはこのようなトレーダーの方におすすめの海外FX業者です。

こんなトレーダーにおすすめ!
  • 世界大手で人気の業者を使いたい
  • 評価の高い業者が安心できる
  • 豊富なボーナスプログラムを使いたい
  • 少ない資金でスタートしたい
  • 仮想通貨もトレードしたい
  • 入出金に仮想通貨を使いたい
  • 追証なしがいい
  • 信用できる業者がいい
  • 日本語でサポートを受けたい

海外に住んでいるとよく分かるのですが、HotForexは本当に有名なブローカーです。

日本人だとXMの方が知名度が高いように思いますが、海外でFXをやっている人で、HotForexを知らない人はいないんじゃないかという気さえします。

グローバル視点でみると、HotForexはアフリカ大陸に力を入れており、オフィスも構え、アフリカ各国でセミナーも頻繁に開催しています。

言い換えると、かなり投資を継続しているブローカーで、資金力や運営ノウハウも高い企業だと言えます。

HotForexのメリット、デメリット

私の目線で評価したHotForexのメリット、デメリットです。

  • 数多くの金融ライセンスを取得しており、世界では評価が高い
  • 顧客資産が分別管理されており信頼できる
  • ボーナスプログラムが豊富
  • 取り扱い商品が豊富
  • 仮想通貨のトレードができる
  • 仮想通貨での入出金が可能
  • コピートレードができる
  • 日本語でサポートが受けられる
  • 最大1000倍のハイレバレッジ
  • 追証なしで借金リスクがない

  • 口座通貨に日本円が選択できない

仮想通貨の取り扱いがありますが、レバレッジは最大10倍です。
仮想通貨のハイレバレッジトレードがしたい場合はFXGT一択です。

HotForexは取扱い銘柄が豊富です。

個別株も取り扱っています。

また珍しいのですが、債権デリバティブの取扱いがあります。

様々な銘柄が取引できますので、迷ったらHotForexをメイン口座にしておくのも良いと思います。

HotForexの概要

HotForexの概要です。

XMよりもスプレッドはやや狭め(商品による)です。

ボーナスも提供しており、トレード環境も悪くありません。

運営会社HF Markets (SV) Ltd.
設立年2010年
金融ライセンスキプロス、南アフリカ、等
最大レバレッジ1000倍
スプレッド1.2pips/EURUSD、1.7pips/USDJPY
※プレミアム口座/変動性
手数料往復8ドル/ロット ※ECN口座のみ
取扱商品通貨:53, 指数:23, メタル:6, エネルギー:4, 商品先物:5,
仮想通貨:12, 個別株:16, 債権:3
口座種類4種類(プレミアム、マイクロ、ZERO、AUTO)
ボーナス3種類(入金、キャッシュバック、
ロイヤルティプログラム)+期間限定プロモーションあり
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット基準証拠金維持率10/20%
入出金手数料無料
日本語サポートあり(電話、メール、チャット)
トレードツールMT4、MT5

HotForexの評判、口コミ

HotForexの評判を見てみましょう。


中立的な視点から、良いものも悪いものもピックアップしています。

なお、FPA(世界最大のFX口コミサイト)では、XMを遥かに超える3.744点の評価を得ています。

とても高い評価です。(XMは2.982。2020年9月現在)

FPAでのHotForexの評価


HotForexは信頼できる業者か、それとも怪しい詐欺業者なのか

結論からいうと、HotForexは信頼できる業者だと言えます。

海外にいるとわかるのですが、HotForexは世界規模で展開しているFX業者です。

私の住むタイにもオフィスを構えており、最初の頃は直接電話かかってきてサポートしてくれたりしました。

世界で評価が高いのも、何となく肌感覚で納得しています。

HotForexは金融庁の認可を受けているか

HotForexは海外FX業者であり、日本の金融庁の許認可を受けていません。

金融庁の認可を受けていないからといって違法に営業しているというわけではありません。

金融庁からは口座開設するトレーダーに向けて、この業者は金融庁に登録していませんから気をつけてください、という警告が出ていますが、だからといって違法に営業しているとは言っていません。

その証拠に、特段の理由無く、金融庁から海外FX業者に対して業務停止命令などの措置がとられることはありません。

HotForexに口座開設をすることは違法なのか、投資家は罰せられるか

HotForexは日本の金融庁の許可を受けていませんが、では日本人がHotForexに口座開設をし、トレードすることは違法なのでしょうか。

結論は、違法ではありません。

トレーダーが海外FX業者に口座開設し、トレードしても、罰せられたり、ましてや逮捕されるなんてことはありません。

トレーダーを罰する法律もありませんので、安心して利用できます。

但し、大前提として、資金の持ち逃げや、出金拒否などの問題が発生しない、安全な海外FX業者を選ぶ必要があります。

評価の観点としては、次の2点が重要なポイントとなってきます。

  • どの金融ライセンスを取得しているのか
  • 顧客の資産保全はどのように行っているのか

HotForexが取得している金融ライセンス

HotForexでは以下のライセンスを取得しています。

  • CySEC(キプロス)
  • FSA(セントビンセントおよびグレナディーン諸島)
  • FCA(英国)
  • DFSA(ドバイ)
  • FSCA(南アフリカ)
  • FSA(セーシェル)

ターゲットの国により管轄となっているライセンスが異なってくるのですが、日本の場合にはFSA管轄となっています。(ライセンスNo.22747 IBC 2015)

ライセンスにより取得条件が異なりますが、だからといってHotForexの資産管理方法やオペレーションが変わるわけではないので、複数の金融ライセンスを取得できているということは、きちんと経営できている企業だと理解して良いと思います。

特にこの中でも英国のFCAは取得および更新の審査が特に厳しいことで有名なようで、これを取得しているHotForexはこれだけ見てもかなり信頼できると言えそうです。

HotForexの資産保証制度

もしFX業者が万が一倒産するようなことがあった場合、我々の資産(預けている証拠金や利益)はどうなるのでしょう?

万が一の場合でもできるだけ保証されるようなFX業者の方が信頼できるに決まっています。

それを評価するのが資産保証制度がどうなっているか、です。

資産保証制度には大きく2つあります。

信託保全分別管理です。

信託保全の方が信頼度が高いです。

信託保全とは、顧客から預かった資産を銀行等の第三の機関にすべて預けることを言います。FX業者は顧客からの出金指示が無い限りは資金を勝手に引き出すことができません。仮にFX業者が経営破綻した場合であっても、その名の通り顧客の資産(その時点の残高)保全されており、必ず保証されます。(但し含み益はこの限りではありません)

分別管理とは、FX業者の運営資金(コスト)と、顧客からの預かり資産は別口座に管理すること。信託保全と違い管理はFX業者が行っているため、仮にFX業者が経営破綻した場合であっても顧客資産が全額保証されるというわけではない。

では、HotForexは顧客資産をどう管理しているのでしょうか。

HotForexでは顧客資産を 分別管理 しています。

信託保全ではありませんが、RENAISSANCE保険により最大500万ユーロまでカバーされる保険に加入しています。補償額はとても大きいですので、万が一倒産等あった場合であっても、最低限の資産は守られる仕組みになっているようです。


以上から、HotForexは安心して利用できる業者と言えます。

HotForexの取扱銘柄

HotForexでは全部で162銘柄を取り扱っています。

HotForexは取扱商品数がとても多いです。

大変魅力的なブローカーだと言えます。

数だけでなく、あらゆる商品を取り扱っています。

またそれぞれの商品の銘柄数も比較的多いです。

私が紹介している海外FXの中では、唯一債券を取扱います。

債券は一日の価格変動があまり大きくありませんのでスキャルピングなどには向きませんが、それでも中長期的には価格は動きますので、レバレッジを効かせて長く保有することで資産形成が可能な商品です。

  • 通貨ペア  : 53
  • 株価指数  : 23
  • エネルギー : 4
  • メタル   : 6
  • 商品先物  : 5
  • 仮想通貨  : 12
  • 個別株式  : 56
  • 債券    : 3
  • 合計    : 162

HotForexの取扱商品と取引条件についての詳しい説明は別記事を参照してください。

HotForexの取扱い銘柄と取引条件を徹底解説HotForexの取扱い銘柄と取引条件について初心者にもわかるように丁寧に解説します。全銘柄を掲載しています。...

HotForexで仮想通貨はトレードできるか

HotForexでは仮想通貨はトレードできるのでしょうか。

もうおわかりのように、HotForexでは仮想通貨のトレードもできるのです。

最近、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの仮想通貨、アルトコインのトレードが人気ですよね。

価格の変動が大きく、短期トレーダーにとても人気です。

またビットコインは右肩上がりで上昇し、2020年後半についに2万ドルを突破しました。中長期のトレーダーもいます。

HotForexでは、ビットコインを始め、9仮想通貨/12ペアの銘柄を提供しています。

最大レバレッジは1:10と、通貨ペアに比べるとかなり低めですが、それでも同じ口座で仮想通貨までトレードできてしまうのは大変魅力があります。


仮想通貨取引ができる海外FX業者では、仮想通貨取引ができる他の海外FX業者も紹介しています。
各社の取引条件も載せていますので、是非一度ご覧ください。

仮想通貨取引ができる海外FX業者2017年に仮想通貨ブームがあり、多くの人が仮想通貨取引を始めました。「億り人」という言葉ができたのもこの頃ですが、今後、かつてのように仮想通貨の価値が何十倍~何百倍になることはありません。一方で仮想通貨はFXのように、価格差に着目した短期トレードに適していると言えます。実は海外FX業者で仮想通貨取引ができます。...

HotForexの口座種類

HotForexには6つの口座種類があります。

HotForexの口座種類

このうち、AUTOはシグナル・トレーダーのコピー専用、PAMM口座は海外のプロトレーダーに資金運用を任せる取引、HFCOPY口座はコピートレード用の特別口座です。

それぞれの口座の特徴は以下のとおりです

マイクロ口座プレミアム口座ZERO
スプレッド口座
最低取引ロット0.010.010.01
最大取引ロット76060
30%レスキュー
ボーナス
×
セルフリベート
最大レバレッジ1000倍500倍500倍
手数料なしなしあり
ゼロカット
ロスカット水準10%20%20%
最低入金額500円10,000円20,000円

ZEROスプレッド口座はボーナスがもらえません。また、いわゆるECN方式の口座で、取引手数料が取られます。

マイクロ口座とプレミアム口座の大きな違いはあまりありません。

トレードに影響してくるのは最大取引ロットとレバレッジぐらいです。
手数料(スプレッド)も同じです。

マイクロ口座は比較的小さいロットで取引する初心者トレーダー向けです。

もし選ぶのに困ったらプレミアム口座にしておけばいいです。

公式サイトにてより詳細な口座の比較表が見れますので、チェックしてみてください。

>>HotForex公式サイトで口座の比較表を見る

HotForexの口座種類については、別記事「HotForexの口座タイプを徹底比較! おすすめは?」で詳しく解説していますので、そちらも是非ご覧ください。

また、口座開設についても、別記事「HotForexの口座開設方法」で、画像を使って口座の開設手順を丁寧に説明していますので、あわせてご覧ください

HotForexの口座タイプを徹底比較!迷ったらプレミアム口座がおすすめHotForexの口座種類は全部で6種類。ですが、一般トレーダーには実質3種類です。それぞれの口座タイプを徹底比較し、どの口座がどういうタイプのトレーダーに向いているのか、おすすめの口座種類を紹介します。...
HotForexの口座開設方法を徹底解説! 数分で完了! 注意点も!HotForexの口座開設方法を図解で解説します...

\3分で完了!/
無料で口座開設

HotForexは追加口座が7口座まで作成可能

HotForexでは追加口座が合計7口座まで作成できます。

取引プラットフォームごとに上限が決まっており、MT4で最大5口座、MT5で最大2口座、合計7口座まで作成可能です。

追加口座を作成すると、よりリスクを抑えた、効率的な運用が可能です。

追加口座では、口座タイプだけでなく、口座通貨やレバレッジなど、最初に口座を作成するのと同様に自由に選択できます。

口座種類を変える、或いはレバレッジ等の条件を変更することで、口座ごとにトレードする通貨ペアや商品を分け、異なるレバレッジでトレードしたり、裁量トレードとEA(自動売買)トレードの口座を分けたり、管理がしやすくなります。

追加口座作成時には口座タイプから選択できますので、最初の口座作成に迷ったらとりあえずプレミアム口座にしておけば良いと思います。

マイクロ口座やゼロ口座も試してみたくなったら後から口座を追加すれば大丈夫です。

追加口座への資金移動も、ウェブサイトから簡単に行えます。


追加口座の開設方法や、複数口座を活用したリスクを抑えた運用方法など、別記事「HotForexの追加口座作成方法」にまとめていますのであわせてご覧ください。

HotForexでの追加口座作成方法 | リスク分散運用のススメ HotForex(ホットフォレックス)の追加口座作成方法です。別記事「初心者向け 海外FXの選び方」「XMのゼロカ...

\1分で完了!/
追加口座を開設してみる

HotForexのコピートレード

HotForexでは、コピートレードサービス「HFコピー」を提供しています。

HotForexの審査をクリアした「ストラテジー・プロバイダー」と呼ばれるトレーダーたちが、トレードシグナルを配信します。

みなさんはHFコピー専用の口座を作成し、気に入ったストラテジー・プロバイダーをフォローするだけ。

優秀なストラテジー・プロバイダーをフォローすれば、ほったらかしで勝手に資金が増えていくかもしれません。

HotForexのコピートレードの特徴やEA(自動売買)との違い、コピートレードの始め方などについては、別記事「HotForexのコピートレード | ほったらかしで爆益?!」に詳しくまとめてあります。

是非一度読んでみてください。

HotForexのコピートレード | ほったらかしで爆益?!HotForexのコピートレード「HFコピー」の解説です。HotForexでは優秀なストラテジープロバイダーによるコピートレードサービスを提供しています。プロトレーダーに任せてほったらかしで利益が出せるかもしれません。...

HotForexのボーナスについて

HotForexの特徴として、期間限定で様々なキャンペーンを打ち出している、というのがあります。ほんと色々出してきます。

この記事を書いている2020年9月現在実施中なのは、

  • 30%レスキューボーナス
  • セルフリベート
  • ロイヤルティプログラム

の3つです。

30%レスキューはいわゆるボーナスプログラム、セルフリベートは取引量に応じたキャッシュバックサービス、ロイヤルティプログラムもセルフリベート同様、取引量に応じたキャッシュバックサービスですが、こちらは現金以外にも交換できるサービスがあります。

ポイントプログラムに近いですね。

注意点としては、30%レスキューボーナスは口座開設時に申請が必要で、マイクロ口座とプレミアム口座のみ適用可能、かつ取引プラットフォームがMT4の場合のみ適用されます。気をつけてください。

セルフリベートについてはすべての口座に適用されます。

ロイヤルティプログラムはポイントプログラムで、口座によらず全会員に適用されます。

マイクロ
MT4
マイクロ
MT5
プレミアム
MT4
プレミアム
MT5
ZERO
MT4
ZERO
MT5
30%
レスキュー
×××
セリフ
リベート

なお、他サイトでたくさん紹介されている100%スーパーチャージボーナスと100%クレジットボーナスはすでに終了しています。

キャンペーンは定期的に変わりますので、公式サイトをチェックしてみてください。


>>HotForex公式サイトでキャンペーン情報をチェック

HotForexの30%レスキューボーナス

入金すると30%のボーナスが付与されます。

最低入金額50ドル相当以上。
1回限りの適用です。
上限は7000ドルです。

注意としては、ボーナス自体の出金はできないこと。

また、入金額以上の損失が発生するとボーナスも消滅する、という点です。

他の業者の入金ボーナスは、仮に入金分の損失が発生してもボーナス分はクレジットとして残りトレードが継続できますが、HotForexの場合はその時点で強制ロスカットになります。

厳しいですね。

なので、損失が出ていない間は入金額に対して証拠金を30%増やす手段だ、と考えておけばいいと思います。

HotForexのレスキューボーナス

なお、30%レスキューボーナスは口座開設時に指定が必要です。

適用する方は忘れないようにしてください。

くどいですが、適用はMT4だけです。

HotForexの30%レスキューボーナスは細々と条件があり、正直あまり使い勝手は良くないかもしれませんが、十分理解し、資金量を増やして少しでもリスクを抑えてトレードしてください。

このあたりの細かい説明は、別記事「HotForexのボーナスを徹底解説」にまとめてありますので、あわせてご覧ください。

HotForex口座開設時のボーナス申請
HotForexのボーナスを徹底解説! 上手に活用して資金を増やそう!HotForexのボーナスの説明です。金額などの基本的なことから、獲得方法、出金や資金移動時の制約、消滅するケース、ボーナスを使った取引のルールなど、丁寧に解説しています。...

HotForexのセルフリベート

取引ボリュームに応じて、キャッシュバックがあります。

条件やリベート率は細かく規定があり、ウェブサイトでも公開されていますが、英語です。

条件をざっくり翻訳すると、

  • 入金250ドル以上から発生
  • 顧客毎に1口座のみ適用
  • 最大キャッシュバックは8000ドル
  • 0.1ロット以上のポジションが対象
  • 対象商品は通貨ペアならびに金
  • ポジションをクローズする度に自動計算
  • 1ロットあたり2ドルのキャッシュバック
  • 1分以内の取引はリベート0%、2分以内は50%、2分以上は100%
  • 毎日支払い(最低5ドルから)

以前のキャッシュバックはもう少し細かな条件があったり商品毎にキャッシュバック率が違っていた気がするのですが、随分シンプルになっています。

キャッシュバックですので、他のボーナスと違い全額出金できます。

トレードしているうちにいつのまにかまあまあ貯まります。是非活用してください。

HFのリベートの詳しい説明、利用条件などについては、別記事「HotForexのボーナスを徹底解説」をご覧ください。

HotForexのセルフリベートプログラム


>>HotForex公式サイトでキャンペーン情報をチェック

HotForexのボーナスを徹底解説! 上手に活用して資金を増やそう!HotForexのボーナスの説明です。金額などの基本的なことから、獲得方法、出金や資金移動時の制約、消滅するケース、ボーナスを使った取引のルールなど、丁寧に解説しています。...

HotForexのロイヤルティプログラム

取引ボリュームに応じて「HotForexバー」と呼ばれるポイントが貯まっていき、キャッシュバックを含むさまざまな商品やサービスと交換することができます。

全会員が対象で、最初はレッドと呼ばれるランクからスタートし、取引日数が増えていくにつれ、シルバー、ゴールド、プラチナと会員ランクが上がっていきます。

会員ランクにより獲得できるバーの数が変わってきて、レッドだと1ロットあたり6本、プラチナになると12本もらえます。

HotForexのロイヤリティプログラム

貯まったHFバー(ポイント)は、キャッシュバック、VPS無料利用、HotForexの専属アナリストと1時間の無料セッションなど、様々なサービスと交換できます。

まあ実際は無難にキャッシュバックですかね。
35本のバーで1ドルに交換できます。

HotForexのロイヤリティプログラム、商品交換


取引していくにつれ自然と貯まっていきます。

前述のセルフリベートと合わせるとまあまあのキャッシュバックが期待できそうです。

なお、ロイヤルティプログラムの参加には登録が必要です。

会員ページ(MyHF)から登録できますので、口座開設したら忘れずに登録してください。

HotForexのロイヤリティプログラム


>>HotForex公式サイトでキャンペーン情報をチェック

HotForexの入出金方法

クレジットカード(VISA、JCB)、bitwallet、仮想通貨が使えます。

仮想通貨はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)などが使えます。

bitpayサービスを経由して入金することもできますし、直接送金もできます。

bitpayを使う場合には、事前にbitpayに登録する必要があります。

日本人にはbitwalletが便利と思います。(私も使ってます)

注意点として、HotForexが徴収する手数料はありませんが、仮想通貨であれば送金手数料が、bitwalletであればbitwalletへの手数料が発生します。

また注意として、HotForexは日本円口座が作れませんので、日本円に換金する際には換金手数料(レート差)が発生します。

以下の画像は私の住むタイで取得した画面です。
日本の場合と入金方法が少し違いますが、日本向けには上記の説明のとおりです。

HotForexの入金方法
HotForexの出金方法

HotForexの入金方法については別記事「HotForexの入金方法 おすすめは?」に詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

HotForexの入金方法 | おすすめは?HotFrex(ホットフォレックス)の入金方法を徹底解説。手数料の安さ、入金のしやすさから、おすすめの入金方法をお知らせします。...

公式サイトに入出金手段ごとの最低額などの詳しい説明がありますので、こちらも参考にしてください。

>>HotForex公式サイトで入出金に関する情報を見る

HotForexの教育コンテンツ

HotForexには多くの教育コンテンツがあります。

公式サイトからアクセスすることができ、それらはすべて無料で利用可能です。

コンテンツは、教育ビデオやMT4/MT5などのツールの使い方、ウェビナー(Web形式のオンラインセミナー)など、とてもたくさんのコンテンツが用意されています。

また内容も、FX初心者向けのものから、上級トレーダーが活用できるものまで、多岐にわたります。

HotForexの教育コンテンツに関する詳しい内容は、別記事「HotForexの教育コンテンツの紹介」にまとめてあります。是非ご覧ください。

HotForexの教育コンテンツの紹介HotForex(ホットフォレックス)では、初心者から上級者まで活用可能な教育コンテンツを提供しています。コンテンツ数もかなり多く、内容もとても充実しています。しっかり活用してワンランク上のトレーダーを目指しましょう。...

HotForexのサポート体制について

HotForexでは日本人サポート体制も用意しており、いざという時でも日本語でやりとりができますので、安心です。

海外FX業者の中には、公式サイトは日本語化されているものの、日本語訳が少しおかしかったり、サポートが英語でしか受けられないケースもあります。

HotForexでは日本人によるサポートを行っており、しかもライブチャットでリアルタイムでやり取りが可能です。

問合せ方法窓口有無日本語対応
ライブチャット
(平日15:30~24:00)
メール
ウェブサイトからの問合せ
電話×

HotForexのサポートについては、別記事「HotForexのサポートについて | 日本語で安心!」に詳しくまとめてあります。

また、「HotForexのよくある質問を総まとめ」では、よくある質問(FAQ)のうち特に重要なものを、更にわかりやすくまとめてあります。

参考にしてみてください。

HotForexのサポートについて | 日本語で安心!HotForexのサポートに関する記事です。海外ではとても有名かつ多くのトレーダーを要するHotForexですが、日本語のサポートも行っており、とても安心して利用できます。各種窓口への問合せ方法も具体的に説明します。...
HotForexのよくある質問を総まとめHotForexで口座開設やトレードをする時のよくある質問をまとめました。シーン別にまとめていますので、是非活用してください。...

HotForexのデモ口座を試してみる

HotForexでのトレード環境や使い勝手などを知るには、デモ口座を開設して実際にトレードしてみるのが有効です。

HotForexのデモ口座開設には特徴があり、リアル口座と同じく、本人確認書類の提出が必要です。

他の海外FXでは本人確認無しでデモ口座が使えることがほとんどですので、少しハードルが高いです。

一方、HotForexにはデモ口座を使ったコンテストがあり、入賞すると賞金がもらえます。
毎月開催されています。

デモコンテストへの参加方法を含め、HotForexデモ口座の活用方法や実際に開設する手順については、別記事「HotForexのデモ口座 活用方法から開設手順まで」にまとめています。

HotForexでの口座開設を迷っている方は、試しにデモ口座でトレードをしてみてはいかがでしょうか。

\誰でも無料で利用可!/
デモ口座開設

HotForexのデモ口座開設方法 | 活用方法から開設手順までHotForexではデモ口座を開設可能です。誰でも無料で利用できます。デモ口座を活用することで、トレードの練習や実際の取引条件の確認などが可能です。しかもHotForexではデモ口座での賞金付きのコンテストあり!...

HotForexまとめ

海外では絶大な人気を誇り、評価が高い業者です。

ウェブサイトの情報量も多く、詳細な規約等も開示されているので、オフィシャルな情報が入手しやすく、かつサポートの対応も丁寧です。

多くの日本人も利用していることから、安心して利用できる業者と言えます。

\3分で完了!/
無料で口座開設

 公式サイトへ 

HotForexの口座開設方法を徹底解説! 数分で完了! 注意点も!HotForexの口座開設方法を図解で解説します...


ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。