2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
TitanFX

手数料が安い! TitanFXの特徴や評判などについて徹底解説 

TitanFX(タイタン・エフエックス)の紹介です。

2014年の登場以来、他のFX業者と肩を並べる日本人トレーダーに人気の業者です。

最大の特徴は手数料の安さ

ボーナスが一切無いのですが、それでも使ってみる価値のある業者です。

 公式サイトへ 

TitanFXはこんなトレーダーにおすすめ

結論から言うと、TitanFXはこのようなトレーダーの方におすすめの海外FX業者です。

こんなトレーダーにおすすめ!
  • 取引手数料はとにかく安いほうがいい
  • 少ない資金でスタートしたい
  • 追証なしがいい
  • 日本人による安心サポートを受けたい

冒頭のとおりで、とにかく手数料が安いです。

どの通貨ペアや商品であっても、スプレッドが狭めです。

日本人による24時間サポートも提供しており、安心して長く利用できる海外X業者だと思います。

TitanFXのメリット、デメリット

私の目線で評価したTitanFXのメリット、デメリットです。

  • 顧客資産が分別管理されており信頼できる
  • スタンダード口座のスプレッドが狭い
  • 取扱通貨ペアが豊富。マイナー通貨ペアも
  • 人気の株価指数CFDの取扱あり
  • MT4、MT5ともに対応
  • 自動売買ツール利用可能
  • 日本人による24時間サポート
  • 国内銀行の入出金に対応しており手数料が安い
  • 最大500倍のハイレバレッジ
  • 追証なしで借金リスクがない
  • ボーナスが一切ない

日本人による24時間サポートはすごいですね!

いざという時の安心材料になります。

一方で、ボーナスプログラムが一切ありません。

日本人トレーダーの方はボーナスを重視する傾向にありますので、そういった方には物足りないと思います。

ボーナスを提供する代わりに、より良いトレード環境、安いコスト、高いサポートを提供することに力を入れているブローカーだと思います。

TitanFXの概要

TitanFXの概要です。

口座種類は2種類、STPとECNでそれぞれ1種類ずつの提供と、シンプルです。

運営会社TI Securities Limited
設立年2014年
金融ライセンスバヌアツ
最大レバレッジ500倍
スプレッド1.2pips/EURUSD、1.33pips/USDJPY
※スタンダード口座/変動性
手数料往復7ドル/ロット ※ECN口座のみ
取扱商品通貨:60, 株価指数:21, メタル:11, エネルギー:4, 仮想通貨:18, 個別株:65
口座種類2種類(スタンダード、ブレード)
ボーナスなし
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット基準証拠金維持率20%
入出金手数料入金は無料、出金は一部手段で有料
日本語サポートあり(電話、チャット、メール)
トレードツールMT4、MT5

TitanFXの評判、口コミ

TitanFXの評判を見てみましょう。


中立的な視点から、良いものも悪いものもピックアップしています。

TitanFXは信頼できる業者か、それとも怪しい詐欺業者なのか

結論からいうと、TitanFXは詐欺業者ではないものの、他の業者に比べてやや信頼度が低いFX業者だと言えます。

2014年の創業以来、日本だけでなくグローバルで展開しており、それなりに顧客もいる中で今更顧客のお金も持ち逃げするような詐欺業者とは思えません。

が、厳しく見ると、他のFX業者よりは信頼性が低いと言えます。

TitanFXは金融庁の認可を受けているか

TitanFXは海外FX業者であり、日本の金融庁の許認可を受けていません。

金融庁の認可を受けていないからといって違法に営業しているというわけではありません。

金融庁からは口座開設するトレーダーに向けて、この業者は金融庁に登録していませんから気をつけてください、という警告が出ていますが、だからといって違法に営業しているとは言っていません。

その証拠に、特段の理由無く、金融庁から海外FX業者に対して業務停止命令などの措置がとられることはありません。

TitanFXに口座開設をすることは違法なのか、投資家は罰せられるか

TitanFXは日本の金融庁の許可を受けていませんが、では日本人がTitanFXに口座開設をし、トレードすることは違法なのでしょうか。

結論は、違法ではありません。

トレーダーが海外FX業者に口座開設し、トレードしても、罰せられたり、ましてや逮捕されるなんてことはありません。

トレーダーを罰する法律もありませんので、安心して利用できます。

但し、大前提として、資金の持ち逃げや、出金拒否などの問題が発生しない、安全な海外FX業者を選ぶ必要があります。

評価の観点としては、次の2点が重要なポイントとなってきます。

  • どの金融ライセンスを取得しているのか
  • 顧客の資産保全はどのように行っているのか

TitanFXが取得している金融ライセンス

TitanFXでは以下のライセンスを取得しています。

  • VFSC(バヌアツ) 登録番号40313

バヌアツはタックスヘイブンとして有名な場所です。
天国に一番近い島と言われているニューカレドニアの少し北に位置します。

バヌアツの金融当局の審査内容など詳しく把握していませんが、最低限の条件はクリアしていると言えます。

TitanFXの資産保証制度

もしFX業者が万が一倒産するようなことがあった場合、我々の資産(預けている証拠金や利益)はどうなるのでしょう?

万が一の場合でもできるだけ保証されるようなFX業者の方が信頼できるに決まっています。

それを評価するのが資産保証制度がどうなっているか、です。

資産保証制度には大きく2つあります。

信託保全分別管理です。

信託保全の方が信頼度が高いです。

信託保全とは、顧客から預かった資産を銀行等の第三の機関にすべて預けることを言います。FX業者は顧客からの出金指示が無い限りは資金を勝手に引き出すことができません。仮にFX業者が経営破綻した場合であっても、その名の通り顧客の資産(その時点の残高)保全されており、必ず保証されます。(但し含み益はこの限りではありません)

分別管理とは、FX業者の運営資金(コスト)と、顧客からの預かり資産は別口座に管理すること。信託保全と違い管理はFX業者が行っているため、仮にFX業者が経営破綻した場合であっても顧客資産が全額保証されるというわけではない。

では、TitanFXは顧客資産をどう管理しているのでしょうか。

TitanFXでは顧客資産を 分別管理 しています。

信託保全ではありませんので、信頼性は下がります。
これも、最低限の条件はクリアしている状態、と言えます。


以上を総合的に評価すると、TitanFXは詐欺業者ではないと言えますが、心配な方は他の業者を選択するようにしてください。

TitanFXの取扱銘柄

TitanFXでは全部で179銘柄を取り扱っています。

TitanFXの取扱商品数はやや多めのレベルです。

通貨ペアの取扱いだけ見ても取扱数が多いです。
エキゾチック通貨や欧州通貨ペアを多く取扱います。

また通貨ペアだけでなく、米国株のCFDも取り扱っています。

また、これはTitanFXの特徴のひとつなのですが、あらゆる商品がすべて500倍のハイレバレッジでトレード可能です。

他の海外FXだと、株価インデックスやエネルギーなどはレバレッジが制限されますが、TitanFXは通貨ペアと同じ、500倍です。

あらゆる商品をハイレバレッジでトレードしたいトレーダーにはおすすめできる業者です。

  • 通貨ペア  : 60
  • 株価指数  : 21
  • エネルギー : 4
  • メタル   : 11
  • 仮想通貨  : 18
  • 個別株式  : 65
  • 合計    : 179

TitanFXの取扱商品と取引条件についての詳しい説明は別記事を参照してください。

TitanFXの取扱い銘柄と取引条件を徹底解説TitanFXの取扱い銘柄と取引条件について初心者にもわかるように丁寧に解説します。全銘柄を掲載しています。...

TitanFXで仮想通貨はトレードできるか

最近、ビットコイン、リップル、イーサリアムなどの仮想通貨、アルトコインのトレードが人気ですよね。

価格の変動が大きく、短期トレーダーにとても人気です。

またビットコインは右肩上がりで上昇し、2020年後半についに2万ドルを突破しました。中長期のトレーダーもいます。

TitanFXでは仮想通貨はトレードできるのでしょうか。

TitanFXでは、2021年6月より、仮想通貨CFDの取り扱いを開始しました。

スプレッドの狭いTitanFXですが、仮想通貨のスプレッドもとても狭いです。

レバレッジは20倍でトレードできますので、リスクを抑えつつ、ハイリターンを狙えます。

詳しくは別記事「TitanFXが仮想通貨CFDの取扱いを開始」にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

【2021年6月最新情報】TitanFXが仮想通貨CFDの取扱いを開始スプレッドの狭さで人気のTitanFXが2021年6月より仮想通貨CFDの取扱いを開始しました。仮想通貨のスプレッドもとても狭く、安いコストでトレードできます。ですが、少々注意点も。この記事で詳しく解説します。...

TitanFXの口座種類

TitanFXには2つの口座種類があります。

ZEROスタンダード口座(STP)とZEROブレード口座(ECN)です。

それぞれの口座の特徴は以下のとおりです。

大きな違いは発注方式による手数料徴収方法で、それ以外は取扱銘柄も取引プラットフォームも同じです。

ブレード口座の手数料は他社に比べても安めです。

スタンダード口座のスプレッドも業界最安レベルですので、トレードスタイルに応じてどちらの口座を選んでも間違い無いと思います。

ZEROスタンダード口座ZEROブレード口座
発注方式STPECN
最低取引ロット0.010.01
最大レバレッジ500倍500倍
取引手数料なし$7/lot
ゼロカット
ロスカット水準20%20%
最低入金額$200$200

TitanFXの口座種類については、別記事「TitanFXの口座タイプを徹底比較! おすすめは?」で詳しく解説していますので、そちらも是非ご覧ください。

また、口座開設についても、別記事「TitanFXの口座開設方法」で、画像を使って口座の開設手順を丁寧に説明していますので、あわせてご覧ください

TitanFXの口座タイプ2種類を徹底比較! おすすめの口座は? TitanFXの口座種類は全部で2種類。それぞれの口座タイプを徹底比較し、どの口座がどういうタイプのトレーダーに向いているのか、おすすめの口座種類を紹介します。...
TitanFXの口座開設方法を徹底解説! 注意点も!TitanFXの口座開設方法を図解で解説します。...

\3分で完了!/
無料で口座開設

TitanFXでは追加口座が作成できる

TitanFXでは追加口座が作成でき、最大15口座まで持つことができます。

追加口座を作成するには、クライアントキャビネットにログイン後、左側のメニューより「追加口座の開設」をクリックします。

追加口座を作成すると、よりリスクを抑えた、効率的な運用が可能です。

追加口座では、口座タイプだけでなく、口座通貨やレバレッジ、取引プラットフォームなど、最初に口座を作成するのと同様に自由に選択できます。

口座種類を変える、或いはレバレッジ等の条件を変更することで、口座ごとにトレードする通貨ペアや商品を分け、異なるレバレッジでトレードしたり、裁量トレードとEA(自動売買)トレードの口座を分けたり、管理がしやすくなります。

追加口座作成時には口座タイプから選択できますので、最初の口座作成に迷ったらとりあえずZEROスタンダード口座にしておけば良いと思います。

ブレード口座も試してみたくなったら、後から口座を追加すれば大丈夫です。

追加口座への資金移動も、ウェブサイトから簡単に行えます。

\1分で完了!/
追加口座を開設してみる

TitanFXの入出金方法

クレジットカード(VISA、MasterCard)、Bitwallet、銀行送金が使えます。

銀行送金は国内銀行に対応しており、手数料無料です。

(STICKPAY、NETELLER、Skrillについては現在日本でのサービスは停止されているようです)

入出金手数料は原則無料。

但し銀行送金の場合には送金側銀行で手数料が徴収されます。

また、TitanFXでは口座通貨にJPY、USD、EUR、AUD、SGDが選べますが、異なる通貨どうしの入出金については為替手数料(レート差)が発生しますので注意してください。

なおBitwalletについてはJPY、USD、EURのみ取り扱い可能です。

日本人であれば銀行送金、またはBitwalletが便利だと思います。

公式サイトから、クライアント-入出金とたどると詳しい説明を見ることができます。

>>TitanFXの公式サイトで入出金方法をチェック

TitanFXの簡単安心な入出金方法

TitanFXの入金方法については別記事「TitanFXの入金方法 おすすめは?」に詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

TitanFXの入金方法 | おすすめは?TitanFX(タイタンエフエックス)の入金方法を徹底解説。手数料の安さ、入金のしやすさから、おすすめの入金方法をお知らせします。...

TitanFXのサポート体制について

TitanFXでは日本人サポート体制も用意しており、いざという時でも日本語でやりとりができますので、安心です。

海外FX業者の中には、公式サイトは日本語化されているものの、日本語訳が少しおかしかったり、サポートが英語でしか受けられないケースもあります。

TitanFXでは日本人によるサポートを行っており、しかもライブチャットでリアルタイムでやり取りが可能です。

また、海外FXには珍しく、日本語の電話窓口も用意されています。(但し国際電話です)

問合せ方法窓口有無日本語対応
ライブチャット
メール
会員ページからの問合せ
電話

TitanFXのサポートについては、別記事「TitanFXのサポートについて | 日本語で安心!」に詳しくまとめてあります。

また、「TitanFXのよくある質問を総まとめ」では、よくある質問(FAQ)のうち特に重要なものを、更にわかりやすくまとめてあります。

参考にしてみてください。

TitanFXのサポートについて | 日本語で安心!TitanFXのサポートに関する記事です。スプレッドが狭いことで人気のTitanFXですが、日本語のサポートも行っており、とても安心して利用できます。各種窓口への問合せ方法も具体的に説明します。...
TitanFXのよくある質問を総まとめTitanFXで口座開設やトレードをする時のよくある質問をまとめました。シーン別にまとめていますので、是非活用してください。...

TitanFXのデモ口座を試してみる

TitanFXでのトレード環境や使い勝手などを知るには、デモ口座を開設して実際にトレードしてみるのが有効です。

TitanFXのデモ口座は誰でも簡単に開設できます。

TitanFXデモ口座の活用方法や実際に開設する手順については、別記事「TitanFXのデモ口座 活用方法から開設手順まで」にまとめています。

TitanFXでの口座開設を迷っている方は、試しにデモ口座でトレードをしてみてはいかがでしょうか。

\誰でも無料で利用可!/
デモ口座開設

TitanFXのデモ口座開設方法 | 活用方法から開設手順までTitanFXではデモ口座を開設可能です。誰でも無料で利用できます。デモ口座を活用することで、トレードの練習や実際の取引条件の確認などが可能です。...

TitanFXまとめ

手数料の安さから、トレーダーからの手堅い支持を得ています。

スキャルピング等の短期売買に向いている業者ですね。

キャンペーンやボーナスが一切無いのですが、長期的に使っていくことを考えると、手数料の安さから十分元が取れると言えます。

日本人による手厚いサポートも特徴のひとつです。

メールだけでなく日本語対応のコールセンターがあるのも、いざという時の安心材料ですね。

\3分で完了!/
無料で口座開設

TitanFXの口座開設方法を徹底解説! 注意点も!TitanFXの口座開設方法を図解で解説します。...

 公式サイトへ 

ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。