2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。
\ Follow me /
Tradeview

TradeViewのサポートについて | 日本語で安心!

TradeView(トレードビュー)のサポートに関する記事です。

手数料が安く、トレード環境が良いことで、特に中~上級者に人気のTradeViewです。

TradeViewは日本語のサポートを提供していますが、日本語でやりとりできるのはメールのみとなります。

他のブローカーは日本語のチャットサービスを提供してますので、少し物足りない感じもありますが、日本語でやりとりできますので、ぜひ活用してください。

この記事でわかること
  • TradeViewのカスタマーサポート体制について
  • TradeViewへの各種問い合わせ方法

TradeView(トレードビュー)のカスタマー・サポート体制について

TradeViewでは以下の問い合わせ手段を用意しています。

日本語でやりとりできるのはメールのみです。

英語が苦手で無い方は、ライブチャットが活用できます。
アクセス方法は後ほど説明します。

問合せ方法窓口有無日本語対応
ライブチャット×
メール(問い合わせフォームより)
電話×

問合せ内容に関する注意事項

TradeViewでは以下のような内容の問合せには対応していません。

サポートでは回答できない問合せ内容
  • トレード方法や戦略に関すること
  • 市場の値動きの予想等に関すること
  • メタトレーダー(MT4)やcTraderの使い方

特に、投資助言にあたるような内容については一切回答ができません。

また、FXとは、通貨ペアとは何か、スプレッドとは、といったFXの基本的な用語、内容については問合せは避けたほうが良いでしょう。
(サポートが混み合っていなければ教えてもらえるかもしれません)

逆に、以下のような内容についてはサポート窓口に問い合わせると良いでしょう。

サポートに直接聞くと良い内容
  • 口座開設後、本人確認書類を送ったけどなかなか承認されない
  • 出金申請したがいつまでも着金しない
  • 注文やポジションのクローズをしようとしたがエラーとなる
  • その他、よくある質問に回答が無い

TradeViewのよくある質問については、別記事「TradeViewのよくある質問を総まとめ」にて、特に重要な内容をさらにわかりやすくまとめてあります。こちらも参考にしてください。

Tradeviewのよくある質問を総まとめTradeviewで口座開設やトレードをする時のよくある質問をまとめました。シーン別にまとめていますので、是非活用してください。...

TradeViewへの問い合わせ方法

ここからは、各問合せ窓口への具体的な問合せ手順を説明します。

ホームページからの問合せ

TradeViewの公式サイト上にある、専用のサポートページから問合せます。

問い合わせると、入力したメールアドレス宛に返信があります。

問合せフォームにアクセス

Tradeviewの公式サイトから、お問い合わせをクリックします。

問い合わせの送信

氏名(ローマ字)、メールアドレスと問い合わせ内用を入力し、送信するをクリックします。

ここで入力したメールアドレス宛に、サポートセンターから返信があります。

ライブチャット

ライブチャットは、残念ながら日本語では提供されていませんが、英語では提供されています。

英語が苦手でない方は、以下の手順でトライしてみてください。

言語を英語に切り替え

Tradeviewの公式サイトから、言語を英語に切り替えます。

ライブチャットにアクセス

すると、右側にチャットアイコンが表示されますので、クリックします。
これは日本語版サイトには無いサービスです。

チャット開始

必要事項を入力し、チャットを開始します。

ここから先は英語での会話になります。

電話

これも英語になりますが、Tradeviewには電話のサポートセンターもあります。

公式ページのフッター(画面を一番下までスクロール)に、電話番号が記載されています。

電話番号は、Tradeviewの本社があるイギリス領ケイマン諸島の番号です。
国際電話となり、電話料金はかけた方の負担になりますので、注意してください。

まとめ

いかがでしたか。

Tradeviewでは日本語サポート体制を用意していますが、日本語対応はメールのみとなります。

至急の問い合わせの場合には、英語のチャットサービスもありますので、万が一のために一応覚えておくと良いでしょう。

Tradeview公式サイトでサポート窓口を確認

\3分で完了!/
無料で口座開設

ABOUT ME
カンダ
カンダ
2016年からタイに住んでます。日本の業者が使えないのでしょうがなく海外FX業者を使用することに。実体験にもとづいた、シンプルな情報提供を心がけています。その他は【プロフィール】にて。ご質問はTwitterのDMでお願いします。